HOME > 外壁工事
  • 外壁塗装の劣化放置は禁物!

    外壁塗装は風雨や紫外線の影響により、どうしても傷んでくるものです。
    そうして、外壁塗装を傷んだまま放置すると、次のような問題が生じます。

     * 外壁・外観の見栄えが疲弊。
     * 外壁ひび割れ、クラックが生じ、そこから雨水が浸入。結果、住宅の品質や寿命を短縮。

  • 外壁塗装の塗替えを行う場合のアドバイス

    外壁塗装の塗替えは、リフォーム工事の中で最も多くされる部類に入ります。
    そのため悪質な業者が多いのも事実です。
    例えば、いきなり訪問してきて、高い価格で工事を請け負う業者。
    工事後のアフターがなく、問合せすれば既に転居している業者など。
    悪質業者にだまされないため、次のことに注意してください。

    1. 見積り書をとりましょう。
      見積り書で工事内容、金額を確認します。
    2. 契約書をとりましょう。
     クーリングオフ条項など、いざという場合の項目が入っているか確認します。
    3. 執拗に契約をせまる業者には注意しましょう。

    折衝中業者のお困りごとにも対応・アドバイスいたします。
    お気軽にご連絡ください。

カルセラの6つの特徴
  • 超軽量

    建物、本体に負担をかけない、比重約0.85の超軽量素材。断熱効果も発揮。
    水に浮くほど軽いカルセラは、重いタイルが張れなかった新築住宅の外断熱工法等に使用できます。
    住宅の外壁リフォームでは既存の下地の上から専用接着剤で直接張る乾式工法、特殊な高温焼成によりベース部が発泡しているため断熱効果があります。

  • 耐久性

    1250度焼成セラミックは耐久性に優れ、寒さ暑さに強く、色落ちもしません。
    セラミック特優の熱に強く、吸水性がなく凍害がないので寒冷地にも適している。
    紫外線にも強く色落ちすることはありません。
    カルセラは装飾性、機能性を永年持続します。

  • 加工性

    木を切るように切断できるので、内外装問わず、イメージどおりのデザインが可能です。
    スレート用野のノコギリできれるくらい加工がしやすく、とくに玄関周り等、加工がたくさん必要なところに能力を発揮します。
    特に外壁リフォームでは配線、機器など既存のものの周りに加工が必要な所ほど有利です。

  • 施工性

    一液性弾性接着剤(セラ・タック)で、簡単施工、目地詰めも不要。
    官民共同研究品質基準適合品でVOC適合品のカルセラ専用接着剤セラ・タックは一液性で作業がしやすい。
    弾力性があり 、衝撃、振動、外力等により変位を生じる個所の接着に最適。
    湿気硬化型で人体に有害なトルエン、キシレンなどホルムアルデヒド等を含まない。

  • 環境に優しい

    きぞんの下地を生かした施工方法なので、廃棄物を大幅に減らし、経費削減にも貢献します。
    サイディング等下地材をはがすことなくその上に直接カルセラを張る工法のため、廃棄物をだすことなく施工できる。
    専用接着剤セラ・タックもフォルムパックのため廃棄物が少ない。

  • インテリア素材として

    外装材のみならず、店舗デザインなど、室内インテリア素材としても最適です。
    アンティークな趣を表現する焼き物独特な雰囲気をかもし出し、高級感ある演出に貢献します。

外壁工事施工例

○○邸様 施工事例